食べ物・飲み物で快眠 | 快眠方法のアンケート回答集

食べ物・飲み物で快眠

食べ物・飲み物で快眠している人にコツを聞きました。回答は以下のとおりです。

私はお風呂上がりにルイボスティーに生姜を入れて飲んでいます。温かいルイボスティーだけでも体は温まりますが、生姜を入れることによってさらに体がポカポカになります。
もともと冷え性改善のために飲み始めたのですが、体を温めると自然と眠くなり、ベッドに入るとすぐに眠れるようになりました。
健康にも良く、美容にもいいので一石二鳥です。

(愛知県名古屋市/30代/女性)

わたしは、寝る前にホットミルクを飲むとよく眠れることが多いです。
牛乳は、神経を落ち着かせる作用があるのでけっこうおすすめです。
ホットミルクのほかに豆乳や甘酒といった飲みものも効果があります。
コーヒーを飲んだりガムをかんだりすると目が覚めてしまうので、それは避けます。

(神奈川県厚木市/30代/男性)

わたしは夜にコーヒーなどのカフェインを摂ると寝つきが悪くなるので、夜19時以降はカフェインは摂らないようにしています。
それでも眠れそうにない時は、ホットミルクを飲んでから布団に入るとよく眠れます。
睡眠サプリのドリエルもわたしには効果がありました。

(東京都練馬区貫井/20代/女性)

食べ物・飲み物で快眠できるのか?

ミルクや体を温める飲み物で眠くなると言う人がおられますね。

よく「昼食後は眠くなる」と言われます。しかし。これは食事よりサーカディアンリズムと呼ばれる眠くなる周期が関連しているようで、ちょうど14時~16時ごろに眠気がくるからだそうです。

お酒やカフェインは控えた方がいいですね。

カフェインはアデノシンと呼ばれるう睡眠物質の働きを妨害します。お酒は少量でも多量でも睡眠の質を悪くするので、眠るために飲むと逆効果です。

↑ PAGE TOP